ゆるく自分を大切にしてみる

ダルい

熱っぽい

頭が痛い…


など休むほどではないけれど

なんとなく身体が不調な時ってあります。



そんな時、メンタルもつられていまいちな状態になりがち。


やる気がでない

ちょっとした事でイライラする

気分が落ち込む…etc


自宅で休めればいいですが、 

事情があってゆっくりできない事もあります。 


そんな時、あなたはどうしていますか?


今回は「こころと身体にやさしい自分の整え方」についてお話します。


 ●どんな方法があるのか


それでは、どんな方法があるのでしょうか。


ポピュラーなのは「何かしらの対処をする」という方法です。


どうやって対処するかというと、、、ざっと3つくらい挙げてみました。


・身体の不調を解消する→薬を飲む、医者に行く

・作業量を減らす→不調だから作業量を普段より減らす

・やり方を工夫する→誰かに頼む、休み休みやる、ゆっくりやる、明日に回す


「体調不良を無視して、今までどおりやる」という方法もありますね。


かなり強引ですが、意外と力技で乗り切ってしまう人、多いのでは!?


考えるより身体を動かせー! という感じで。


ちなみに、、、 昔のぼくの得意技です。笑


これでは、身体とこころにはやさしくないですね。


若いうちは通用するかもしれませんが、

行き着く先はココロも身体もぼろぼろになり、

結果病みます。


●”いまの自分”を受け入れてみる


どうすれば自分にやさしくできるのでしょうか。


それは、、、

”いまの自分の状態をあるがまま受け入れること”です。



頭痛いなあ…

身体がダルいなあ…

いつも通り動けなくてイライラするなあ…

やる気がでないなあ…


そんな、いまの身体の状態、気持ちをそのまま受け入れる


たったこれだけです。 


こころとからだは、自分であって自分でない。


あなたというパーツの1部であり 大切な道具のように扱う。


「こころと身体のことを気にしているよ」
 と共感してあげてください。



●"改めて何ができるか"を冷静にみる


こころと身体に共感してあげたら、 改めてどうするか考えてみましょう。


意外と共感しただけで、頭痛がやわらいだりするかも。


しばらく放っておいたら、痛いことも忘れていたり。


身体さんとこころさんの声を無視して反射的に対処するより

やさしさがあると思いませんか?


こころと身体の声を聴いて、ゆるく共感する
=こころと身体を大切にすること
=自分を大切にすること、 につながりますね。


愛情を持って接していきましょう^^


ありがとうございました。

 ●あとがき

梅雨の前に夏が来ちゃいましたね。

昨日と今日は半袖を着ています。


●今後の予定

6/3(日) 「自分軸で生きる〜概要編〜」(恵比寿)

8/4(土),8/5(日) 東京癒しフェア(お台場ビックサイト)

【イベントのお知らせ】


8月4日(土) 癒しフェア in 東京

8月5日(日) 癒しフェア in 東京

 ※一悟術の能力者4名と一緒に「いちごプリズム」というユニット名で参加します。

 

9月1日(土) 覚醒を目指す人の動ける身体講座(第1回)

9月8日(土) 覚醒を目指す人の動ける身体講座(第2回)

10月13日(土) 覚醒を目指す人の動ける身体講座(第3回)

0コメント

  • 1000 / 1000