一悟術ヒーリングの特徴(第2弾)

一悟術ヒーリングは、バーストラウマとインナーチャイルドを解消する

エネルギーワークです。



はたして一悟術ヒーリングには、どんな特徴があるのでしょうか?



今回はその第2弾を書きました。




三つ子の魂百まで


本題にはいるまえに、「バーストラウマ」と「インナーチャイルド」について

お話させてください。


バーストラウマとは、お母さんのお腹の中にいのちをやどしてから

産まれてくるまでに負った精神的ダメージです。



母子のこころとからだの状態も関係しますが、

主に出産時の体験が強く関わっています。



インナーチャイルドは、生後3ヶ月から成人するまでの

さまざまな体験による精神的ダメージです。



「三つ子の魂百まで」のことわざのように、

幼少期の経験がバーストラウマとインナーチャイルドという

心のダメージとして蓄積され、大人になってからも影響します。



それらが潜在意識の深いところにダメージとして残っていて、

繰り返し現実的な問題(人間関係・お金・健康などのトラブルや

精神的な症状)としてあらわれるからです。



そんな「バーストラウマ」と「インナーチャイルド」を解消するのが

一悟術ヒーリングです。



一悟術ヒーリングの特徴

メリットとデメリット


では、一悟術ヒーリングにはどんな特徴があるのでしょうか。

まずはメリット・デメリットを整理しました。



[メリット]

・座っているだけで簡単に解消できる

・傷ついた体験を思い出さなくていい


[デメリット]

・いつの間にか解消されているため実感に乏しい

・それなりにお金がかかる




短い期間で解消できる


本来バーストラウマとインナーチャイルドを解消するのは

けっこう大変です。



瞑想の達人が数十年瞑想を毎日続けたり、

肉体の感覚を超えるような苦しく激しい修行をしたり、

心理学的なアプローチから傷ついた体験を思い出したり。



解消する方法はいくつかありますが、

どれも年月、痛み・苦しみを伴います。



そんな大変なことをしなくても、

「短期間で気楽に解消できる」のが

一悟術ヒーリングです。




座っているだけ


ヒーリングのやり方は簡単です。



ヒーラーと対面で向き合って座り

約8分間目を閉じて

じっとしているだけです。



約1週間のあいだをあけて

20回繰り返します。



早いと半年以内に20回終了します。



デメリットで「実感に乏しい」とありましたが、

そのほうが気楽なのかもしれません。



効果を認めるには実感を求めてしまいがちですが、

苦しくてつらいできごとを追体験するのは

かなりしんどいことです。



また、実感あるないにかかわらず

一定の効果があるのでご安心ください。



「ただ座っているだけで、

あなたの根っこがキレイになる」



それが一悟術ヒーリングの特徴です。




さいごに


実感に乏しいとありますが、

人によりけりです。



ぼくはけっこう実感がありました。



その時々によって違いますし、

正直やってみないとわからない

というのが本音です。



〜〜〜〜〜〜〜〜


一悟術ヒーリング関連のおすすめページ

一悟術ヒーリングの特徴(第1弾)

一悟術ヒーリングの継続セッションと体験セッションについて

一悟術ヒーリングのメニュー





【イベントのお知らせ】


8月4日(土) 癒しフェア in 東京

8月5日(日) 癒しフェア in 東京

 ※一悟術の能力者4名と一緒に「いちごプリズム」というユニット名で参加します。

 

9月1日(土) 覚醒を目指す人の動ける身体講座(第1回)

9月8日(土) 覚醒を目指す人の動ける身体講座(第2回)

10月13日(土) 覚醒を目指す人の動ける身体講座(第3回)

0コメント

  • 1000 / 1000