動ける身体講座の感想(第1回「ゆるめる」)

こんにちは。


今後、ぼくが動ける身体講座を受けたときの感想を

少しずつ書いていきたと思います。



今は講座の企画進行を担当しており運営側にいますが、

はじめは講座の受講者のひとりでした。


そのようなわけで、

受講者の目線でこの感想を書いていきます。


今回は講座の第1回「ゆるめる」の感想です。



動ける身体講座:第1回「ゆるめる」


とにかく講座の日が待ち遠しくて

しょうがなかったです。


講座の案内が届いたその日に速攻で応募するくらい

「今はこれだ!」とコミットしていたのです。


どんなきっかけでぼくがこの講座に参加したのか?

詳しくは、 こちらのページ をご覧ください。


シンプルにまとめると「自分自身がちょうど動き出すとき

だったからです。



第1回の講座がはじまりました


待ちに待った講座の初日。


恵比寿のスタジオで集合し、

講座がスタートしました。


まずは座学、そのあと前屈後屈のチェック

そして2種類のトレーニングを教わり

さいごにもう一度前屈後屈のチェック。




教わったトレーニングは、

大した動きをしていないのに

思いのほかしんどい。


身体のいたるところが

ポキポキと音を立てています。


これまで1年半ヨガクラスに通い、

自宅でもほぼ毎日30分くらい続けていたのに

このザマでした。笑


それもそのはず。

普段使っていない、大きな筋肉に刺激を与えているとか。


まだまだ身体能力の伸び幅を感じました。


講座のさいごの前屈と後屈。


はじめる前にやったときより、

ふかく曲がるようになっていました。



ほんの30分くらいしかトレーニングしていませんが、、

身体は素直に答えてくれます。


まだ見ぬ可能性を感じた第1回の講座でした。



講座のあとから第2回講座の前まで


次回の講座まで1週間あるので、

教わったトレーニングを家で実践します。


トレーニングが完了したら、

facebookのグループに完了報告をする

というシステム。


一緒に参加した講座のメンバーが

日々完了の報告をしています。


ぼくも負けじとトレーニングをしては報告をする

の毎日を繰り返しました。


熱しやすく冷めやすいぼくの性格。


すぐにあきて続かない、

3日坊主はあたり前。笑


でもこのシステムだと、

みんなの投稿が刺激になって続けられる。


1日サボっても、みんなの投稿が励みになって

翌日巻き返そうと戻ってこれる。


ひとりじゃなくて、みんなで場を作り上げている

雰囲気に助けられ、習慣化することができました。


ついついひとりで修行のようになり、

ストイックに無理して頑張りがちなぼくにとって


”みんなでトレーニングする”ことはありがたく、

楽しくつづけられるシステムでした。



おどろき!横っ腹が筋肉痛?


数日トレーニングをつづけていたら

横っ腹が痛みがでてきました。


トレーニングは身体の背面全体を鍛えるもの。


それにつられて身体の前面も伸びてきたので、

横っ腹に痛みがきたのです。


たとえば背中が丸まっていると

身体の前面、お腹のあたりが

ぎゅっとたたまれたようになりますよね。


反対に背中がシュッとのびて骨盤が前傾したら

お腹が伸びて引っ張られますよね。


痛みの原因はこれだったのです。


2、3日たつと痛みは消えました。


ぼくの身体が新たな進化を遂げようとしている

ことに気づいたのでした。



次回予告


次回は 第2回「身体感覚を取り戻す」の感想 です。


お楽しみに!



動ける身体講座関連のページ


・動ける身体講座から1年たった感想

【9月1日(土)〜開催】 動ける身体講座(第4期)の詳細について

【イベントのお知らせ】


8月4日(土) 癒しフェア in 東京

8月5日(日) 癒しフェア in 東京

 ※一悟術の能力者4名と一緒に「いちごプリズム」というユニット名で参加します。

 

9月1日(土) 覚醒を目指す人の動ける身体講座(第1回)

9月8日(土) 覚醒を目指す人の動ける身体講座(第2回)

10月13日(土) 覚醒を目指す人の動ける身体講座(第3回)

0コメント

  • 1000 / 1000