動ける身体講座へのアツき想い

こんにちは。 用田司です。


これからご紹介する文章は、

動ける身体講座(第2期)の案内文にも使われた、


講座へのアツい想い(アツ苦しい!?笑)が

ギュッと込められた一文でございます。


ご興味ある方は、

アツさにやられない程度に

お読みください。笑




講座を受ける前


今までぼくは‥


歩き方について

考えたことはなかった。


姿勢について

意識こそしていたが

誰かに教わったことはなかった。



2016年5月より

心と身体のバランスを整えようと、

ヨガのクラスに習い始めた。


以前は整体に通っていたが、

誰かに頼るのではなく

自分で身体を整えたいと思った。



やり始めると

身体のことに興味が湧いて

夢中になった。


見よう見まねで

習ったことを自宅で反復した。


ヨガの書籍を購入し、

自分の身体を実験材料に

研究をした。



はじめのうちは

ヨガの時だけ身体のことを意識したが、

次第に日常生活の中でも

ヨガのポーズを意識して生活するようになった。



そして、

日常生活の「歩く」という行為にも

注目するようになった。


もともと、歩くことが好きで

マラソンや自転車よりも歩くことが好きだ。


禅僧ティクナットハン師の

「歩くことは瞑想だ」という言葉の影響や


適度なwalkingは身体に良いという情報の影響もある。



歩くことに意識が向くようになると

どうしても力が入ってしまう」ことに気づく。


他にも肩こりや腰の痛み、

地に足が付いていない感覚など

自分の身体の問題点が浮き彫りになっていた。




講座の案内が届いて


そんな折、「覚醒のための動ける身体講座 第1回」の案内がメールで届いた。


案内を読んで「これだ!」と思い、

その場で参加のメールを送った。



今振り返ると、

ふさわしいタイミングだった。


ずっと引きずっていた

負債をまとめて返済し、問題が片付いた。


父親の会社を引き継いで

事業を発展させようと決心した。


「40歳になったら結婚する」という

プライベートでの目標まであと1年と迫っている。


仕事もプライベートも

「さあ、これから!」という

動きだすタイミングであった。




講座による身体の変化


講座の趣旨は以下である

「ゆるめる」

「身体感覚を取り戻す」

「本来の動きを身につける」


本来の自然な動きを身につける‥


整体やヨガに通うこととの

大きな違いはここにあった。



この講座には

過去・現在・未来があるのだ。



ゆるめるは過去

感覚を取り戻すは現在

本来の動きは未来につながる。



ぼくが身体に対して今までやってきたことは

「過去」と「現在」に対するアプローチだった。



約2ヶ月間、全3回の講座に参加し、

ぼく個人の主観だが、こんな効果を感じた。


・ガニ股歩きが矯正された

・軽やかに歩けようになり、さらに歩くのが好きになった

・歩くことの固定観念が外れた

・歩くことでリラックスする、ときに瞑想状態になる

・所作動作が丁寧になる

・手足の指先まで意識がいく

・心にゆとりができる

・かかと着地から、前足着地(フォアフット)になる

・足指が柔らかくなる

・足の指がまっすぐに伸びて、足のサイズが一回り大きくなる

・背面の筋肉がついてきた

・足裏に根っこがはえたようにグラウンディングが高まる

・前屈、ベターっと手が地面につく

・身体の安定感がアップした

・身体および各関節が伸びている感覚が強まる




動ける身体に


特に感じた変化として、

「歩くことは、足を前に踏み出すこと」

ぼくは今まで当たり前のようにそう思ってきた。


けれど、その常識は覆された。

「身体を前に傾ければ、自然と足がついてきちゃう」

歩くことはこんなにラフな感覚であった。


今までの自分は

どれだけ歩くことを頑張ってきたのだろう

と思い知らされた。



この2ヶ月間、初回の講座で教わった

3つのポーズの体操を日々反復した。


自宅で

ときに会社で

Facebookで参加者同士がやり取りし

お互いを切磋琢磨し合った。


こうして、みんなの協力もあって

「動ける身体」が生まれた。




動ける心に


同時に、「前進することは、頑張って一歩前に踏み出すこと」

という固定観念は粉々になり、


前進することは、心を前に傾けること

と書き換えられた。


ああ…

こんなにもラフな感覚で

前に進めるんだ


無理して

葛藤して

頑張って

踏み出していく必要は

もうないんだ


そう思った時、

「動ける心」が生まれた




そして、動ける人へと


本の編集長に立候補し、


父親の会社を引き継ぐべく、

業務の引き継ぎや新規事業の興すための事業計画書を書き、


40歳になったら結婚するという目標に向かい動き出し、


尻すぼみだったヒーリングの活動も再起した。


平日はこれまで同様、システムエンジニアの仕事もしている。



今までなら、これだけのマルチタスクを

こなせる心の余裕は無かった。


しんどくなって潰れてしまう。


それが今は、それとなくできてしまう。


もちろん、やりすぎて疲れることや

ついつい頑張りすぎることもある。


でも、回復が早いというか、

疲れたら休めるようになったというか、


とにかく無理なく、

たとえ無理しそうになっても

ストップできる。


前に傾けた心をニュートラルに戻す。


たったそれだけでいい。



「動ける身体」と「動ける心」

その2つが揃った時

いつの間にか、ぼくは「動ける人」へと変わっていた。



身体の変化、気づき、感動…

この感覚をみんなにも知って欲しくて、

講師の岡村茂さんに相談し、

今回の企画が実現することになりました。




”動き出したい人”へ


「動ける身体」と「動ける心」を手に入れて

あなたも動き出しませんか



★9月1日(土)からはじまる講座のご案内はこちらです。

 → 「覚醒を目指す人の動ける身体講座(第4期)」

【イベントのお知らせ】


8月4日(土) 癒しフェア in 東京

8月5日(日) 癒しフェア in 東京

 ※一悟術の能力者4名と一緒に「いちごプリズム」というユニット名で参加します。

 

9月1日(土) 覚醒を目指す人の動ける身体講座(第1回)

9月8日(土) 覚醒を目指す人の動ける身体講座(第2回)

10月13日(土) 覚醒を目指す人の動ける身体講座(第3回)

0コメント

  • 1000 / 1000